p s

パリ 図書見本市 日本館ブース

2012
フランス
パリ市
インテリア デザイン

日本建築の需要な要素である、格子。内と外との境界線に位置し、光とプライバシーから住人を守る一方、ミステリアスな内世界がそこにあることを他者に実感させる。格子の囲いを天井から吊るし、日本文学と来訪者たちとの間に、親密な空間を提供

施主 日本 文化庁

延床面積 500平米 パリ

竣工 2012年 4月

建設費 1200万円

Pavillon Japonnais Salon du Livre